2019年10月18日
ビッグアップデートプレビュー:新しいヒーロー&アライアンス パート2
レギオンコマンダーチャンピオンアライアンス:






ライフスティーラーマグナス残忍アライアンスで登場:








明日もお楽しみに!
2019年10月17日
ビッグアップデートプレビュー-新しいヒーロー&アライアンス パート1
「ビッグアップデート」のリリースが迫り、皆さんに色々ご紹介する時がやってきました。 このアップデートにはたくさんの要素が含まれており(アップデート名はそれを反映しています)、リリースまで、毎日新しい詳細を紹介する予定です。

ざっくり言うと、「ビッグアップデート」はUnderlordsベータの終わりの始まりを表しています。 過去数カ月間、絶え間ない学習と実験を続けてきましたが、このアップデートで「ベータ」の大きな部分に磨きをかけ、バージョン1.0に一層近づいています。

まずは、新しいロースターに加わるヒーローとアライアンスを紹介することから、このアップデートのプレビューを開始したいと思います。 それでは、ご覧ください!



ヒーラーアライアンスとダズルを追加しました:






アライアンスも追加され、ウィーバーニクスアサシンブルードマザーの3体の新ヒーローが、対戦相手を虫攻めにしようと待ち構えています。










明日のパート2では、新しいヒーローとアライアンスをさらに紹介します。お楽しみに!
2019年10月10日
ホットフィックスをチャネリング
ホットフィックス
  • ユニットがエネルギーを貯めている最中に妨害されると、その時点より高いエネルギーでキャストできなくなる。 これは光の守護者ウィンドレンジャーに影響。 キャストが妨害されると、たとえその後のキャストでチャネリング時間の最後までチャージできたとしても、妨害された時と同じパワーレベルになる。
  • 同じ種類の悪魔が1ユニット以上いる場合にも悪魔アライアンスが無効になっていた長期に渡る問題を修正。
  • 野性ユニットの数を[7, 15, 25]から[4, 8, 15]に調整。

内部でのプレイテストでは、ゲームは十分異なっているため、以前の野性ユニットの数(および悪魔に対する変更)はバランスが取れているように感じられましたが、現在、公開プレイは非常に異なる状態なので、公開ゲームではこの方がうまく機能するはずです。
2019年10月10日
ベアが爪を研ぐアップデート
注:これはビッグアップデート前の最後のアップデートです。 来週は新しいアップデートはありませんが、その代わりに(すべてがうまく行けば)、リリース日に向けて、ビッグアップデートに含まれる各新機能について紹介していきます。

ではまた!


一般
  • 攻撃の対象外のユニット(パッジのフックや不死のユニットなど)が強制的に標的になる問題を修正
  • メドゥーサのエース効果によって全ウロコユニットが与えたダメージが、メドゥーサのみによるダメージと計算されていた問題を修正


ヒーロー関連の変更
エンチャントレス:
  • 森のお供たち:
    • アビリティのツールチップに誤った回復量が表示される問題を修正

ローン・ドルイドのスピリットベア:
  • からみつく爪:
    • からみつく爪がキャストされなかった問題を修正

ヴァイパー:
  • 最大マナを50に変更


アイテム変更
大物契約:
  • プレイヤーが再びこのアイテムを1個以上持てるように変更

ターゲットバディ
  • 回復できないように変更


アライアンス
血族:
  • 変更:血族ユニットが死ぬと、ランダムな味方の血族ユニットに、既存の血族ボーナスに加え、+125%攻撃ダメージを与える

野性:
  • 変更:味方の野性ユニットは、敵に攻撃が当たる度に+[4, 8, 15]の攻撃ダメージを得るか、またはダメージを与えるスペルをキャストする
  • これらはダメージを与えるスペルを持つ唯一の野性ユニットである、ヴェノマンサーサンドキングに影響
2019年10月2日
タスクの敵が地上に戻ってくるアップデート
一般
  • 召喚ユニットチャレンジを削除
  • ユニットの現在の対象(例:スラーダーの腐食性煙霧)を狙うアビリティが最大範囲の外側にキャストする場合がある問題を修正
  • タスクのパンチが強すぎて、対象が地上に落ちてこない問題を修正
  • タイニー用の新しい通知アニメーションを追加


ヒーロー関連の変更
ライカン:
  • 変身:
    • 変身時にライカンが過剰に回復していた問題を修正

スラーダー:
  • 腐食性煙霧:
    • 現在影響下にある対象への再キャストを不可に変更

ヴェノマンサー:
  • ヴェノマスゲール:
    • ヴェノマンサーは攻撃範囲(3マス)内の対象のみを狙うが、実際に発射される毒の玉は最大5マスに到達
    • 毒の玉のダメージを[30, 60, 120]から[25, 50, 100]に変更

ヴァイパー:
  • ヴァイパーをウロコとドラゴンに変更(以前はドラゴンと暗殺者)
  • ヴァイパーストライクのアビリティを削除
  • ネザートキシンを追加:
      ヴァイパーは地面に毒を吐き、マス内の敵ユニットに毎秒[50, 100, 150]ダメージを与え、パッシブを無効化する。 持続時間:5秒
    • マナコスト:50
    • クールダウン:5秒


アイテム変更
大物契約
  • プレイヤーはこのアイテムを1つ以上持つことができない


アライアンス
野性:
  • 変更:味方の野性ユニットは、敵に攻撃が当たる度に+[4, 8, 15]の攻撃ダメージを得る。 これは攻撃が当たる度に適用されていた出血効果と置き換えられる。
2019年9月26日
ライカンが一匹狼になるアップデート
一般
  • パッシブアビリティ(ドラゴンの特殊能力とサンドキングの腐食のフィナーレを除く)が長期に渡り1ランク上の統計を使用していた問題を修正(例:2つ星のクリスタルメイデンが3つ星の値を使用)。 一部のユニットには補正用のバフを適用(以下参照)。他のユニットの監視も継続します。
  • 一部のボットの電子頭脳のネジを外し、微調整後、再取り付けを実施。
  • ボード上にさらにユニットを配置する余地がある場合のベンチユニット用の新しいアニメーションを追加。
  • 少量のダメージから、マナが過剰または過少に生成される問題を修正。 これはウォーロックシャドウワードをキャストする際に発生。
  • 死亡したリナクリスタルメイデンが戦闘終了時に現れる、表示上の問題を修正。
  • ほとんどの召喚を削除(以下参照)、召喚石アイテムを削除。
  • ユニットが自分自身を殺しても、キルとして数えられないように変更。 ごめんなさい、バリケード!

ヒーロー関連の変更
アックス:
  • 防御力を5から[5, 10, 15]に変更。
  • 最大ヘルスを[700, 1400, 2800]から[805, 1610, 3220]に変更。

ディスラプター:
  • 帯電ストーム:
    • 与えたダメージ総数が誤って表示される問題を修正。
    • 今後はストーム内にいるユニットに攻撃失敗が与えられません。

ドラゴンナイト:
  • エルダードラゴンの姿:
    • 腐食性の息が機能しない問題を修正(誤って持続時間が0に設定されていました)。

ドローレンジャー:
  • 攻撃速度を0.769から0.833に変更。
  • 攻撃の最小ダメージを[45, 90, 180]から[56, 112, 225]に変更。
  • 攻撃の最大ダメージを[50, 100, 200]から[62, 125, 250]に変更。

ライカン:
  • 攻撃の最小ダメージを[50, 100, 240]から[65, 130, 312]に変更。
  • 攻撃の最大ダメージを[60, 120, 288]から[78, 156, 375]に変更。
  • 狼召喚変身に変更:
    • 今後、狼は召喚されません。
    • 最大ヘルス回復を[30, 40, 50]から[40, 50, 60]に変更。
    • クリティカルヒットボーナスを[150, 175, 200]から[200, 225, 250]に変更。

ネイチャーズ・プロフェット:
  • 攻撃速度を0.714から0.769に変更。
  • 最大マナを50から100に変更。
  • 攻撃の最小ダメージを[45, 90, 180]から[56, 112, 225]に変更。
  • 攻撃の最大ダメージを[50, 100, 200]から[62, 125, 250]に変更。
  • アビリティ、自然の呼び声を削除。
  • 自然の怒りを追加:
    • ネイチャーズ・プロフェットは対象を攻撃し、[250, 275, 300]ダメージを与える。 この攻撃はボード上の敵の間で[3, 4, 5]回跳ね、1回ごとにダメージが[10, 13, 15]%増加する。
    • マナコスト:100
    • クールダウン:[15, 13, 11]

シャドウシャーマン:
  • 攻撃速度を0.625から0.8に変更。

タスク:
  • 最大マナを100から60に変更。
  • セイウチパンチ:
    • マナコストを100から60に変更。
    • クールダウンを7から4に変更。

ヴェノマンサー:
  • アビリティ、疫病ワードを削除。
  • ヴェノマスゲールを追加:
    • 毒の玉を一直線に発射し、敵ユニットに[25, 50, 100]ダメージと、15秒間、3秒ごとに[10, 20, 40]ダメージを与える。 影響下のユニットは移動速度が50%、攻撃速度が25減速する。
    • マナコスト:100
    • クールダウン:[10, 8, 6]
2019年9月19日
ミスター・ウォーロックがおしゃれになったアップデート
一般

  • バットライダー、エニグマ、スラーク、スナイパー、ウォーロックの2つ星と3つ星ユニットの外見をアップグレード。
  • さらにクラッシュの問題を一掃。
  • テラーブレードがキャスト時に、死んだユニットを含め、間違ったユニットに切りつける問題を修正。
  • 戦闘中は、戦闘プレビューモードに変更できなくなりました。


ヒーロー関連の変更

ブラッドシーカー:
  • ブラッドレイジ:
    • 以前より早く、20%ヘルス(以前は0%)で既存の最大攻撃速度ボーナス500に到達。


リッチ:
  • チェーンフロスト:
    • 跳ねる範囲を4から2に変更。


テンプルアサシン:
  • メルドを追加:
    • テンプルアサシンはテレポート後の最初の攻撃時、[50, 100, 150]ダメージを与え、対象の防御力を5秒間、[2, 4, 6]減少させる発射体を放つ。


トレントプロテクター:
  • リーチシード:
    • 効果の持続時間内にリーチシードのターゲットが死ぬと、シードはライフ残存中、別のターゲットにジャンプする。


タスク:
  • セイウチパンチ:
    • タスクはパンチ中は無敵。


ウォーロック:
  • シャドウワード:
    • 回復合計の75%を瞬時に回復し、残り25%は効果の持続時間中に回復。 これにより、瞬時に[168, 337, 675]回復、 効果持続時間中に[56, 112, 225]回復する。
    • 毎秒ダメージを[50, 100, 150]から[75, 150, 300]に変更。


アライアンス変更

デッドアイアライアンス:
  • デッドアイユニットの頻繁なターゲット変更を防止するために、小さなヘルス差分バッファを追加。


アイテム変更

トゥームストーン:
  • ゾンビ召喚:
    • 範囲を2マスから1マスに変更。
2019年9月12日
少し大きめのアップデート
次の変更でサーバーをアップデートしました。

注:モバイルプラットフォームのツールチップは、ビルドがアップデートされるまで変更を反映しません。

ゲームプレイ
  • レベル6から8で、ティアー4ユニットが出現する確率を5%削減。


ヒーロー関連の変更
アークウォーデン:
  • 最大ヘルスを[700, 1400, 2800]から[600, 1200, 2400]に変更。

エニグマ:
  • エース効果:
    • ヘックス、サイレンス、スタン状態で攻撃を受けた時、マナを流出するのではなく、マナを生成しない。

ディスラプター:
  • エース効果:
    • 黒魔術アライアンスの効果は1アライアンスレベルにつき1体の対象に適用される」に変更。

アライアンス変更

黒魔術アライアンス:
  • 回復を[50%, 80%, 130%]から[50%, 70%, 100%]に変更。

暗殺者アライアンス:
  • クリティカルストライクでは、暗殺者は対象を負傷させ、回復を[50%, 100%]削減する。
2019年9月12日
ミニアップデート
お気づきのように、本日のアップデートはかなり小さいです。 その理由と、今後のアップデートについてお話しましょう。

前回の投稿では、私たちの今後の計画について話し、次回の大型アップデートで公開予定の機能について詳しく説明しました。

社内では、そのアップデートをビッグアップデート(サプライズ)と呼んでおり、シーズン1に向けた最後のマイルストーンのひとつです。 このアップデートには、2つのプレイ可能なアンダーロード、ペアチームモード、6体の新しいヒーロー、3つの新しいアライアンス、およびユーザーインターフェイスの更新が含まれます。 現在、10月の前半にこのアップデートのリリースを予定しています。

最終段階はその後すぐに続き、完成したゲームが1.0という形で公式リリースされます。 これにはさらに2つのアンダーロード、バトルパス、「街歩き」が含まれ、Underlordsシーズン1の公式なスタートとなります。

内部ビルドと外部ビルド間の差異を理解してもらえるよう、現在のダッシュボードをお見せします:



これらの違いは、他の領域にまで及び、完全に絡み合っているので、別々に配信することは困難です。 それが、すべてを完成させてからリリースすることに全力を注ぐことに決定した理由です。

ビッグアップデートのリリース準備中であるため、今後数週間に配信されるアップデートは「バグ修正&バランス調整」の範疇に収まると思われます。

シーズン1について皆さんにもっとお話しできる日が待ちきれません。近々、お知らせを投稿しますのでお楽しみに!
2019年9月5日
タスクと仲間たちがカッコよくなったアップデート
一般

  • プロトパス経験値の上限がレベル99まで増加。
  • アルケミスト、ブラッドシーカー、クリスタルメイデン、サンドキング、タスクの2つ星と3つ星ユニットの外見を改善。
  • アニメーションの改善。
  • 効果の最適化と改善。
  • モバイルでのフレームレートオプションを追加。 デフォルト(30FPS)、60FPS、15FPS(節電モード)、また電源接続中のみ60FPSにするオプションが選択可能になりました。
  • ショップ内のユニットを3つ星ユニットに合成できる場合、2つ星バージョンではなく3つ星バージョンを表示。

ゲームプレイ

  • 近接ユニットは、他に適切な対象がいない場合、バリケードを対象にする。
  • 一番遠い対象を選択する際、暗殺者の対象選択とブリンクダガーの対象選択が左右で以前より多少ランダムになるよう変更。

ヒーロー関連の変更

アークウォーデン:
  • 電磁波分身:
    • クローンが死んだ時、別のクローンが作成されるまで3秒間のクールダウンが適用される。


サンドキング:
  • 腐食のフィナーレ:
    • 持続時間が正しく設定されず、腐食のフィナーレがほとんどの場合、死亡時のダメージではなく、タイマーの期限で発動していた問題を修正。

タイドハンター:
  • 大荒廃:
    • スタンが適用された後にダメージを適用し、シャーマンエース効果が適切に作用するように変更。

タイニー:
  • トス:
    • タイニーターゲットバディをトスできる。