2019年8月20日
Dota Underlordsの次のアップデートについて
数週間前、次回のアップデート(バランス調整とバグ修正)は少し軽めになる一方で、より大きなアップデートへの取り組みを続けるというお話をしました。 その後、さらに検討を加え、ようやく次の数週間の予定についてお話しする準備ができました。

本題に入る前に、ひとつだけ。ライブオーディエンスとともにゲームを作る時には、フィードバックに基づいた多くの方向転換が発生します。 配信するアップデートが、100%事前の計画通りにはならない場合もあります。 時にそれらは主に、コミュニティによって生み出されたアイデアの中から、優先的に配信する価値があると考えたもので構成されています。 そこで、このブログポストでは、今後予定されているアップデートを皆さんに覗いていただきます。順序はもちろん、内容も変更される可能性があることは、心に留めておいてください。

現在、最も注力しているのは、シーズン1とその機能です。 一部の機能(以下で紹介しているもの)は、シーズン0で早めに配信される一方、他の機能はシーズン1の開始時に全パッケージとして配信されてこそ意味があります。

ペアゲームモード
この先、1~2週間中に新しいゲームモード、ペアモードを導入します(これまで「フレンドと対戦」と呼んでいましたが、ペアの方が本格的に聞こえるため変更しました)。 ペアは、フレンドと一緒にUnderlordsをプレイする新しい方法で、パーティを組んで他の3チームと対戦します。 カジュアルとランクマッチバージョンがサポートされています。

支配者
数週間以内にゲームに「支配者」を導入する予定です。 開発チームでも大いに期待しているこの機能、「支配者」はゲームの中核をなす部分であり、すべてのマッチに新たな興奮と戦略要素を追加すると考えています。

UIとその他の改善
プレイヤーのフィードバックに応えるため、また、新機能に対応するため、UI(特にPC)も大幅に変更する予定です。

ヒーローとアライアンス
近いうちに新しいヒーローとアライアンスを登場させる予定です。ロースターを拡張し、Underlordsのプレイをさらに面白くする新たな方法を創り出します。 これに加え、引き続きフィードバックを求め、こうしたアップデートを通じてゲームバランスの調整を続けていく予定です。


最後に
通常はここで「今回は以上」と言うところですが、Underlordsの開発チーム、それにコミュニティのこれまでを考えると、正直、この先も色々な変更が行われることは間違いないでしょう。 シーズン1は、ベータが完全リリースへと移行するアップデートとなります。改善された新しいバトルパスや、「街歩き」のような新機能にご期待ください。



お楽しみに!
2019年8月16日
8月16日のホットフィクス
ホットフィックス
  • スナイパーのクールダウンが実際にクールダウンするよう修正。
  • スナイパーが死んだユニットに暗殺をキャストする問題を修正。
  • PCクライアント上でのDPSメーターの問題を修正。
  • プレイヤーが0ダメージで敗北した時に戦闘結果通知が表示されない問題を修正。
  • テラーブレードのアビリティの説明で、不要な箇所に%が使われていた問題を修正。
2019年8月15日
ディスラプター修正ホットフィックス
ホットフィックス

  • ディスラプターの帯電ストームが強力過ぎる問題を修正。
  • モバイルで設定が時々保存されない問題を修正。
  • 様々なUIの修正と改善。
  • AndroidでSteam初回ログイン時に発生する問題を修正。
  • ゲーム中にシーズン情報の略奪ラウンドページで発生する問題を修正。
  • パーティ招待のUIの流れをさらに改善。
  • テラーブレードのアビリティツールチップの攻撃速度の数値の誤りを修正。
  • オーガマギの最大マナを0に変更。
2019年8月15日
ジャガーノートの修正を含むアップデート
一般:

  • クラッシュの問題。 みなさんもご存知の問題です。 私たちがどう対処しているかもご存知ですね。 今回もさらに修正しました。
  • ユニットがヘックス効果で跳ねることができない場合、その場所で飛び跳ね、ヘックス効果が無限に持続しないように変更。
  • モバイルプレイヤー用のSteamログインの改善。
  • 他のプレイヤーの対戦に切り替える際のいくつかのバグを修正。
  • フレンドのゲームを観戦するために、プレイヤーを観戦をクリックすると、ゲームをロードした時にそのプレイヤーの観戦を開始するようになりました。
  • 他のプレイヤーのボードを表示中に、準備フェイズだけでなく、すべてのフェイズで戦闘プレビューボタンが使用可能。
  • アルケミストのアシッドスプレー効果を適切な位置に表示。
  • 効果のアップデートと最適化。
  • ユニット選択のハイライトが正しく表示されないバグを修正。


UI

  • カーソル/タッチ入力とは別に、UIで大きい画面と小さい画面の切り替えが可能。 これは、タッチ用に最適化された操作性を保ちながら、例えばタブレット上で古い「PC」モードのUIを実行できることを意味します。 これにより、モバイルデバイス上で大きい画面用UIを使用する際、またはPC上で小さい画面用UIで実行する際の多数の問題を修正。
  • パーティ作成後、パーティマッチは通常の「プレイ」ボタンから開始するように変更。
  • 6個以上アンロックすると紋章が欠ける問題を修正。
  • 観戦中にアライアンスのツールチップが正しく機能しない問題を修正。
  • プレイヤーが8人未満のマッチでランキングが正しく機能しない問題を修正。
  • ディスラプターとネイチャーズ・プロフェットのアビリティの説明を改善。
  • ポップアップは、マイナーランクではなく、メジャーランクの変化に対してのみ表示されるよう変更。
  • 様々なUIの修正と改善。
  • Yoを含む、ローカリゼーションの改善。


マッチメイキング

  • ホワイトスパイアの支配者のランクスコアに標準のイロレーティングの公式を使用するようアップデート。 詳細はこちらをご覧ください。
  • ホワイトスパイアの支配者のランクに達した際に付与されるボーナスを変更(新しい支配者は約15,000で開始など)。
  • 既存のホワイトスパイアの支配者のランクスコア範囲が変わり、既存のランキング順位を保ったまま新しい範囲に圧縮。


ヒーロー関連の変更

ジャガーノート:
  • ブレードフューリー:
    • ジャガーノートは回転中、現在の対象への攻撃を通常通り続行する。
    • ブレードフューリーをトリガーした攻撃によって適用されたスタンも含め、スタンを適切に無効化。

オーガマギ:
  • ブラッドラスト:
    • マナコストを0に変更。

パック:
  • フェイズシフト:
    • パックがヘックス/スタン状態、または対象を強制的に攻撃している場合はトリガーされない。
    • フェイズシフトをトリガーした攻撃によって適用されたスタンも含め、スタンを適切に無効化。

レイザー:
  • プラズマフィールド:
    • 1マス以内のユニットへの過剰なダメージの問題を修正(本来のダメージより50%多くダメージを与えていた)。
    • 3マス離れたユニットへの半分のダメージを与えていた問題を修正。
    • 稲妻の輪が縮まる際にユニットに与えられるダメージの適用が早すぎた問題を修正。

サンドキング:
  • 腐食のフィナーレ:
    • 修正:サンドキングが攻撃またはアビリティで敵にダメージを与えるたびに、対象は3.5秒間毒に侵される。 毒の効果が切れると爆発し、対象に近接するすべての敵にダメージを与え、攻撃速度を減速させる。 毒の効果が切れた時に対象が生きていた場合、ダメージは半減する。
    • 攻撃速度低下の時間を3.5から1.75に変更。
      [*対象が死んだ場合、範囲攻撃のダメージを[60, 110, 160]から[50, 100, 200]に変更。
    • 終了時の範囲攻撃ダメージを[55, 100, 190]から[25, 50, 100]に変更。

スナイパー:
  • 既存のデッドアイとハンターに、好戦的アライアンスを追加。
  • 暗殺:
    • 対象が死んだ場合キャストはリセットされない。 単に、次の対象に切り替え続行する。

タイドハンター:
  • 防御力を5から10に変更。
  • 最大ヘルスを[850, 1700, 3400]から[1100, 2700, 5500]に変更。
  • 攻撃の最小ダメージを[45, 90, 180]から[60, 120, 250]に変更。
  • 攻撃の最大ダメージを [55, 110, 220] から [70, 150, 300] に変更。


アイテム変更

ブラッドソーン:
  • 今後サイレンス/ヘックス/パッシブアビリティの影響下のユニットは対象外にする。

不死の兜:
  • 不死のユニットが時として対戦相手のプレイヤーにラウンドダメージを与える問題を修正。
  • ブラッドシーカーが兜をアクティブにしない問題、および出血しても死なない問題を修正(兜をアクティブにするよう修正)。

リフレッシュオーブ:
  • 現在のアクションに加え、1マス以内の味方のアクティブなクールダウンの残り時間を半減させ、マナを25回復する。

召喚石:
  • ボーナスヘルスがアークウォーデンの複製に適用されない問題を修正。
2019年8月14日
ホワイトスパイアの支配者
数週間前、ランクスコアと更新の規則の透明性を高めるため、ランクマッチメイキングに関していくつかの変更を加えました。 その記事では、緊張関係にある2つの目的のバランスをよくするという視点から、ランクモードの設計に取り組んでいると書きました。その2つの目的とは、プレイヤーに進捗の感覚を持ってもらうことと、正確なスキルの測定方法を提供することでした。 新米から大ボスまでのランクでは、この2つの目的のバランスをうまくとることができたと感じています。 残念ながら、現在のデザインでは、ホワイトスパイアの支配者のランクは、一番多くUnderlordsをプレイしたプレイヤーのリストのようになっていますが、これは一番上手なプレイヤーのリストであるべきだという多くの声が届きました。 言い換えると、ホワイトスパイアの支配者ランクに関しては、ダイヤルを完全に「正確なスキルの測定」側に回す必要があるということです。

そこで、ホワイトスパイアの支配者ランクに2つの変更を加えました。この変更は次の更新に含まれます。

  • 第一に、ホワイトスパイアの支配者のランクスコアのアップデートシステムを、よく知られたイロレーティングシステムに切り替えます。 このシステムでは、ランクポイントの増減は、対戦相手のスキルに依存します。 対戦相手と比較して自分のランクスコアが高いほど、失うものも大きくなります:勝った場合のポイントの増分は少なく、負ければ大きく減少します。 さらに、対戦相手のランクスコアに応じて、4位以上の場合にランクスコアが減少し、5位以下の場合に増加する可能性があります。
  • 第二に、ホワイトスパイアの支配者のランクに達した際に付与されるボーナスを調整し、なりたての支配者は約15,000で開始します。 これは、ランクスコアが上下に変動する余地があり、プレイヤーが7,600の台に集中しないことを意味します。

ここでいくつかの疑問にお答えしておきます。

既存のホワイトスパイアの支配者はどうなりますか?
既存の支配者のランクスコアは、新しい範囲に調整し、少し圧縮します。 ランキングの順位は同じままです。

大ボスのプレイヤーがホワイトスパイアの支配者と対戦する時にはどうなりますか?
大ボスのプレイヤーのランクスコアはこれまで通り、対戦相手のランクに関係なく、マッチの順位に基づいた、固定された表を使用して、アップデートされます。 以下のイロレーティングの公式を使用して支配者のランクをアップデートするために、大ボスのプレイヤーのランクスコアは、ホワイトスパイアの支配者の範囲にマッピングされます。

パーティは許可されますか?
今のところ、許可されています。 ハイランクのマッチでパーティを組むことに追加の制限はありません。 これは、ホワイトスパイアの支配者は、引き続きどのランクでもパーティを組むことができ、大ボスとパーティを組む低いランクのプレイヤーは、支配者とマッチをプレイする可能性があるということを意味します。 また、これまで通り、同じパーティのプレイヤーはそれぞれのランクに影響しません。 イロへの切り替えによって1つのルール変更が必要になります:支配者のランクスコアをアップデートするために、大ボス以下のプレイヤーは除外されます。 これは、支配者にとって得るものが少なく、失うものが多いマッチを、プレイヤーが簡単に作成できなくするためです。

正確にはどういう計算になるのですか?
定数K=3とし、全ランクスコアに10をかけた値で、標準的なイロレーティングの公式を使用しています。 公式はこちらです。



Rがあなたのランク、Rᵢは関連する各対戦相手のランク、Sはあなたよりも先に敗退した対戦相手の数、ΔRがランク変更です。

すべてのプレイヤーのランクスコアがまったく同じ場合、数字は低いランクで使用される固定された表とほぼ同じになるように機能します。

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
+105
+75
+45
+15
-15
-45
-75
-105

マッチ内のランクの格差によって獲得する量と失う量がどのように変わるかを説明するために、1人のプレイヤーの値が、マッチ内の他のすべてのプレーヤーよりも大幅に高い、または低い場合の例を挙げます(これらの例では、全員のランクスコアは同じです)。

すべての他のプレイヤーとのランクの差異
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
5000低い
+199
+169
+139
+109
+79
+49
+19
-11
2000低い
+160
+130
+100
+70
+40
+10
-20
-50
1000低い
+134
+104
+74
+44
+14
-16
-46
-76
1000高い
+76
+46
+16
-14
-44
-74
-104
-134
2000高い
+50
+20
-10
-40
-70
-100
-130
-160
5000高い
+11
-19
-49
-79
-109
-139
-169
-199
2019年8月8日
アップデート 8/8/2019
一般:
  • クラッシュの原因となるコードをまとめて処理。
  • アニメーションとユニットの向きに関する問題をいくつか修正。
  • さらなる効果の最適化。
  • メドゥーサの石化光線の影響下のユニットは視覚的にも凍結し石のように見えるように変更。
  • グローバルアイテムの実績達成の必須個数を、グローバルアイテム4個ではなく2個に変更。
  • AI対戦ゲームを再開をする時は、一時停止の状態で開始する。
  • AIの性格をゲームの現状に合わせて調整。
  • 戦闘データのキル数のパネルは、キルを与ダメージのように扱う(召喚されたものによるキルは召喚したユニットに計上)。


UI:
  • ユニットがボード上に配置され、アライアンスが成立した際に、誤ったアライアンスアイコンが表示される問題を修正。
  • ラウンド報酬ポップアップで、「+無料リロール」が誤って表示される問題を修正。
  • プロトパスの進捗表示に関するいくつかの問題を修正。
  • ランクアップ通知が繰り返し表示される問題を修正。
  • スコアボードのヒーローをクリックできるようにし、そのタイプのすべてのヒーローが強調表示されるように変更。
  • ゲーム内アライアンスのツールチップ/ポップアップが、そのアライアンスのすべてのヒーロ―のアイコンを表示するように変更。
  • 戦闘終了時にイージスが使用されたことが、時折他のプレイヤーに通知されない問題を修正。
  • スコアボード上の自分の列を強調表示。
  • 一般的なUIアップデートと微調整。


ゲームプレイ:
  • ヘルスなどによってアビリティの対象ユニットを特定していたアビリティが召喚ユニットを適切に除外していなかった問題を修正。
  • ラウンドが終了後、爆発しなかったテッキーズの爆弾がプレイヤーにダメージを与える問題を修正。

アライアンス関連の変更:

  • 神出鬼没: レベル3アライアンス(9ヒーロー)-「すべてのユニットは回避力+75%を得る」から「すべてのヒーローは回避力+75%を得る」に変更。
  • 悪魔ハンター レベル2アライアンス(2ヒーロー)-「対戦相手の悪魔アライアンスボーナスを無効にする。 全悪魔ユニットはピュアダメージ+50%。 全悪魔ハンターのピュアダメージ+50%」から「対戦相手の悪魔アライアンスボーナスを無効にする。 全悪魔と全悪魔ハンターのピュアダメージ+50%」に変更。これにより、今後テラーブレードがダブルボーナスを得ることはなくなる。
  • ハンター レベル1(3ヒーロー):追加攻撃を与える確率が20%から25%へと増加。 レベル2(6ヒーロー):追加攻撃を与える確率が35%から40%へと増加。

ヒーロー関連の変更:

ドゥーム:
  • ドゥームのドゥームアビリティは、アライアンスのパッシブボーナスを含むパッシブボーナスを一様に無効にする。
  • この変更を反映させてアビリティの説明を変更。

ライカン:
  • ライカンが変身し、最大ヘルスが30%増加する際、変身時のヘルスではなく、毎回最大ヘルスの30%を回復。

ジャガーノート:
  • ジャガーノートがブレードフューリーをキャストする条件が整っている(必要なマナがあり、クールダウン中ではない)時に、魔法ダメージを受けそうになると、即座にブレードフューリーをキャストし、魔法ダメージを受けない。


アイテム変更:

不死の兜:
  • 不死のユニットが不死の状態になっている場合、対戦相手に一切ダメージを与えないが、勝敗判定時には数える対象と見なされる。
2019年8月2日
8月2日のパッチノート(#215)
一般
  • 以前はクラッシュしなかったコードがクラッシュし始めた 問題を修正。
  • 「ゲームで3位入賞する」実績の問題を修正。
  • 屈強のキルが記録されなかった問題を修正。
  • ラウンド勝利の実績の問題を修正。
  • クローンと対戦時、ディバインレイピアを失ったり勝ち取ったりする問題を修正。 1対1バトルでのみ失われるように変更。
  • 密猟のナイフが余分なゴールドを付与する問題を修正。
  • プロトパスアイテムが即時にアンロックされない問題を修正。

ゲームプレイ
  • 悪魔ハンターアライアンス:ピュアダメージボーナスはアライアンスレベル2でのみ適用。 ピュアダメージボーナスは、ボード上の悪魔の数にかかわらず、全悪魔ハンターを対象に+50%に変更。
2019年8月1日
8月アップデート(#213)


1対1バトル
  • プレイヤーは、お互いと直接対戦でき、同じ戦闘に参加することができます。
  • プレイヤー数が奇数の場合、プレイヤーの一人は別の実際のプレイヤーのクローンと対戦します。
  • 1対1対戦中、ランキングには対戦中のプレイヤーがペアで表示されます。

新しいランクシステム
  • ランクは予測可能な上下に変動する数字として見ることができるようになりました。
  • ランクの変更は、ランクマッチ終了時の順位にのみ基づき、対戦相手のランクには依存しません。
  • 次のマイナーランクに到達する度に、ボーナスランクポイントが付与されます。
  • 以前と同様、一度メジャーランクを取得すると固定され、低いメジャーランクに降格することはありません。
  • ランク順位の詳細と解説はこちらをご覧ください。

新しいカジュアルマルチプレイヤーモード:
  • ランクへの影響なくマルチプレイヤーゲームをプレイできます。
  • スキルレベルが同じ対戦相手とマッチメイキングされます。
  • 単独で、またはフレンドと一緒にマッチを検索できます。
  • 新しいビルドを試したり、難しいチャレンジを完了したりするのに最適です。
  • カジュアルマルチプレイヤーマッチで日替わりチャレンジや実績を達成できます。

ランクマルチプレイヤーモードアップデート:/b]
  • 対戦相手の検索にはランク(用心棒 I、新米 IIIなど)が使用されます。
  • 1人で、またはパーティとしてランクマッチをプレイできます。パーティでのランクマッチの詳細はこのブログポストをご覧ください。
  • 新規プレイヤーはカジュアルゲームを5回プレイしてランクモードをアンロックする必要があります。 (心配無用。最低1回のマルチプレイヤーゲーム実績を持つアカウントは既にこの条件を満たしています。)
  • ランクマルチプレイヤーマッチで日替わりチャレンジや実績を達成できます。

実績
  • 実績を完了してプロトパス経験値を獲得できます。
  • 実績のティアーをすべて完了させて装備可能なバナー紋章をアンロックできます (例:実績カテゴリー、「エコノミー」の3つすべての1つ星実績を完了すればブタの紋章がアンロックされます)。

以下のヒーローの2つ星と3つ星の外見をアップグレード:
  • アバドン
  • アークウォーデン
  • アンチメイジ
  • クロックワーク
  • ドゥーム
  • ドラゴンナイト
  • ドローレンジャー
  • ジャイロコプター
  • クンカ
  • リナ
  • ルナ
  • メドゥーサ
  • ミラナ
  • ファントムアサシン
  • クイーン・オブ・ペイン
  • レイザー
  • テンプルアサシン
  • ティンバーソー
  • タイニー
  • ヴェノマンサー

ゲームプレイ:
  • ラウンド4~9のラウンドダメージを削除しました。 ラウンドダメージは、ラウンド11から2ダメージで始まり、それ以降は以前と同じように増加します(ラウンド20以降は3、ラウンド30以降は4など)。
  • 別のプレイヤーとのラウンドに敗北したプレイヤーは、次のラウンドのリロールが1回無料になります。 リロールは持ち越すことができないため、そのラウンドで使用しないとなくなります。

一般:
  • Steamに接続していない時にソロゲーム/チュートリアルが終了しない(無人のボード画面が閉じない)問題を修正。
  • スピリットベアのヘルスバーがずれる問題を修正。
  • 敗北スクリーンが時々、正しいユニットとダメージを表示しない問題を修正。
  • 中立ウェーブで回復無効アイテムが適用されない問題を修正。
  • いくつかのアライアンスの説明文が明確になるように変更。
  • ディバインレイピアが盗まれた時に間違ったメッセージが送信される問題を修正。

  • ラウンドが実際に終了する前にプレイヤーがラウンドを終了したかのようにランキングに表示される問題を修正。
  • デッドアイユニットが選択不能なターゲットから切り替えない問題を修正。
  • 戦士の執念不死の兜に名称変更)のトリガーが早すぎる問題を修正。
  • バローストライク後のスタン時間が間違っていた問題を修正。
  • 全プラットフォームでのパーティクル効果の最適化をさらに実施。
  • iOS上でアプリを再開するとクラッシュする問題を修正。
  • ARM Mali GPUの最適化をいくつか実装。
  • 戦闘開始前にユニットをベンチからボードに移動させる時間がなかった時に、スペースがあれば自動的にユニットがボード上に配置されるオプションを追加(デフォルトでON)。

UI:
  • 進捗、データ、スコアボードが表示されるようゲーム終了画面をアップデート。
  • モバイルでのタッチ操作(ドラッグ、スクロールなど)に対する反応を向上。
  • 一般的なUIアップデートと微調整。

観戦
  • 第1ラウンドの後で観戦を開始、またはゲームに再接続した時にゲーム開始時のアニメーションが表示される問題を修正。
  • 観戦者は、マッチを開始した同じパーティのプレイヤーのショップを見られるように変更。

ヒーロー関連の変更:

クリスタルメイデン:
  • 最大ヘルスを(450, 900, 1800)から(550, 1100, 2000)に変更
  • ゴールドコストを2から3に変更
エイドロン:
  • 攻撃の最小ダメージを(40, 50)から(40,80)に変更
  • 攻撃の最大ダメージを(60, 70)から(60,120)に変更
  • 防御力を20から(5, 10)に変更
  • 最大ヘルスを300から(300, 600)に変更
ジャガーノート:
  • ジャガーノートは最低2体の敵に囲まれた時のみブレードフューリーを発動
リナ:
  • ゴールドコストを3から2に変更
オーガマギ:
  • ブラッドラスト:
    • 自身に対する攻撃速度ボーナスを(35, 55, 75)から(50, 90, 130)に変更
    • 他のユニットに対する攻撃速度ボーナスを(30, 40, 50)から(30, 65, 100)に変更
シャドウフィーンド:
  • 攻撃範囲を4から3に変更
  • 魂のレクイエム:
    • 発射体の開始幅を125から128に変更
    • 発射体の終了幅を425から256に変更
ヴェノマンサー:
  • 疫病ワード:
    • 出現するワードの数を(1, 1, 3)から(1, 1, 1)に変更
    • 最大ヘルスを(200, 200, 240)から(200, 220, 240)に変更
    • 攻撃の最小ダメージを(50, 80, 120)から(50, 100, 150)に変更
    • 攻撃範囲を6から8に変更
    • 攻撃の最大ダメージを(55, 100, 140)から(55, 110, 170)に変更
ウィッチドクター:
  • パラライズキャスク:
    • クールダウンを10から15に変更

アイテム変更
アライアンスアイテムが無効になり、 効果の多くはアライアンスまたはアイテムへと移行しました。 残りはUnderlordsの金庫に格納されました。

追加されたアイテム:
  • 不死の兜:ティアー2の防御アイテム:「+5防御力。 装備したヒーローは、致命的打撃を受けた後も、さらに4秒間生き残る」
  • 絶望の籠手:ティアー3のサポートアイテム:「装備したヒーローはヘルスが30%未満になった時に、クールダウンがリセットされ、マナが完全に回復する。 攻撃対象の魔法耐性を30%削減」
  • 密猟のナイフ:ティアー3の攻撃アイテム:「装備したヒーローは、敵を倒した時に30%の確率で1ゴールドを生産。 ヘルスが20%以下のユニットを攻撃する場合、200%の確率でクリティカルヒットを与える」
  • リストゥールの夜明け:ティアー3のグローバルアイテム:敵と味方のユニットの回復が50%減少」

削除されたアイテム:
  • マント
  • リクルーター
  • 悪意
  • 邪悪な意図

アイテム変更:

大物契約
  • 「装備したユニットは自分のタイプに血族を加える」から、「+250ヘルス。 装備したユニットは自分のタイプに血族に加える」に変更。
殉教者のブローチ
  • 「ダメージを受けることにより+50%のマナを得る」から「ダメージを受けることにより+50%のマナを得る。 +50%デバフ耐性」に変更。
鎖かたびら
  • ボーナス防御力を+7から+10に変更
クレイモア
  • 攻撃ダメージを+21から+30に変更
ヘイストグローブ
  • 攻撃速度を+20から+25に変更
抵抗のフード
  • ティアーを3から1に変更
オクタリンエッセンス
  • ティアーを2から3に変更
トランキルブーツ
  • ヘルス自然回復を+16から+25に変更
理力の杖
  • 装備したヒーローが近接攻撃でダメージを受けると、攻撃したユニットを吹き飛ばすように変更。

アライアンス変更:
  • 神出鬼没: レベル3アライアンス(9ヒーロー)-「味方の神出鬼没ユニットは回避力+75%を得る」から「すべてのユニットは回避力+75%を得る」に変更。
  • 黒魔術: 回復リンクの持続時間を3秒から2秒に変更
  • 屈強:「全屈強ユニットの最大ヘルスが200/500増加」から「 全屈強ユニットは、ユニット1体を倒すたびに最大ヘルスが+30/60増加」に変更。
  • 野性: 「味方の攻撃力+10/25/45%」から「 味方の野性ユニットは、攻撃時に毎秒5/10/15ダメージのスタック可能な出血効果を3秒間発揮する。 効果持続時間は攻撃するたびにリフレッシュする」に変更。
  • シャーマン:「ヘックス、サイレンス、スタンの影響下の敵は攻撃を受けた時の生成マナが-200%になる」から「 シャーマンを攻撃するユニットは17%の確率でニワトリに変わり、ランダムな方向に4マス跳ねる」に変更。
  • 原始:「原始ユニット/味方ユニットを攻撃する敵は25%の確率で、攻撃1度につき攻撃速度が50%減速する。 この効果は攻撃開始時に適用され、攻撃の間持続する」から「味方の原始ユニットが死亡すると、ランク1/2のエイドロンが出現。 エイドロンは遠距離原始ユニットで、エイドロンを出現させない」に変更。
  • 発明家:「味方の発明家は15/40ヘルス自然回復を得る」から「味方の発明家は死亡時に爆発し、最大ヘルスの15/30%のダメージを1マス以内にいるすべての敵に与える」に変更。
  • 悪魔ハンター: 既存のボーナスに加え両方のレベルは「すべての悪魔ハンターは、味方の異種の各悪魔ユニットにつきピュアダメージ30%を得る」に変更。
  • 暗殺者:レベル3アライアンス(9ヒーロー)-既存のボーナスレベル3に加え、「着地点から1マス以内にいる敵に2秒間目つぶしを食らわせる(攻撃50%失敗、取得マナ50%減少)」を追加。
2019年7月26日
ランクマッチ
(2019年8月1日にアップデート)

ご注意ください! 次回のアップデートで、ランクマッチメイキングに大きな変更があります。

多くのユーザーから、頑張って到達したランクを下げるリスクを負わずに、さまざまな戦略を試すことができる場所、または一般的にもっと気軽にプレイできる場所が欲しいという要望をいただきました。 そこで、私たちは画期的な2つのプレイモードを導入することに決めました:カジュアルランクマッチです。 詳細は以下のとおりです:

カジュアル:
  • スキルレベルが同じ対戦相手と対戦します。
  • 単独で、またはフレンドと一緒にマッチを検索できます。
  • ここは、新しいビルドを試したり、難しいチャレンジを完了したりする場所です。
  • 日替わりチャレンジや実績を達成できます。

ランクマッチ:
  • アップデート単独でのマッチ検索のみ 対戦相手の検索にはランク(用心棒 I、新米 IIIなど)が使用されます。
  • 新規プレイヤーはカジュアルゲームを5回プレイしてランクモードをアンロックする必要があります。 (心配無用。最低1回のマルチプレイヤーゲーム実績を持つアカウントは既にこの条件を満たしています。)
  • 日替わりチャレンジや実績を達成できます。

また、(無理もないことですが)ランク昇格と降格の関係、および前回の試合での成績との関係を理解しようとして悩んでいたプレイヤーからも、多くのフィードバックが寄せられました。

内部の数値の関連を完全に再設計しました。 実際には覆いを外し明確にしました。 それにより、ランクは予測可能な基準に従って上下に動く数字として見ることができるようになりました。 この変更は、ランクマッチ終了時の順位にのみ基づいており、対戦相手のランクには依存しません。 次のマイナーランクに到達する度に、ボーナスポイントを受け取ります。 そして、以前と同様、一度メジャーランクを取得すると、それは固定され、低いメジャーランクに降格することはありません。



この次回のアップデートで、現在のランクが新しいシステムに変換されます。 ホワイトスパイアの支配者は、大ボスレベル5に設定され、ランキングはリセットされます。

ランクシステムの設計には、根本的に緊張関係にある2つの目的があります。進捗を測るためのシステムを求めるプレイヤーがいる一方で、スキルを測定するための明確で客観的なシステムを求めるプレイヤーもいます。新しくなった、より透明性のあるこのデザインで、これら2つの目的のバランスがよくなっていることを願っています。 しかし、Underlordsのすべてについて言えることですが、どれもこれで最終というわけではありません。皆さんのフィードバックに基づいて引き続き、このシステムや他の機能の改善を続ける予定です。

アップデート)ランクパーティ
このお知らせを投稿後、ランクマッチのパーティに関するフィードバックをいくつか受け取りました。 多くの皆さんと同様に、ランクマッチでパーティが乱用され、ランクプレイの整合性が低下することを懸念しています。そのため、当初はランクマッチではソロプレイヤーのみを許可する予定でした。 しかし、それと同時に、多くのプレイヤーがフレンドと一緒にレベルを上げたいという声も聞こえました。 そこで、私たちは設計を練り直すことにしました。

パーティが3人以内であればマルチプレイヤーランクマッチへの参加が許可されます。 パーティのメンバーが同じランクではない場合、最も高いランクがマッチメイキングに使用されます。 また、マルチプレイヤーランクマッチ後のランクスコアの変更には、次の値が使用されます。

1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
2人のパーティ
+88
+63
+33
+0
-33
-63
-88
N/A
3人のパーティ
+75
+50
+15
-15
-50
-75
N/A
N/A

これらの表は8位まで表示されないことにご注意ください。 これはランクスコアのアップデートに伴う変更で、順位はパーティ外のメンバーに対してのみ計算されます。 例えば、2人のパーティで、最初にマッチから敗退したフレンドが4位だった場合、ランクは33上昇します。

濫用の予防は重要ですので、その点には今後も目を光らせておきます。 何らかの問題が(特に高ランクで)認められた場合、更なる変更が必要になるかもしれません。
2019年7月24日
ゲームプレイアップデート(#210)
一般:
  • クラッシュの原因となるコードをさらに発見し、それらを修正
  • スラークの能力の説明をゲームプレイに合わせてアップデート-敵の攻撃速度は減少させない
  • マッチ検索時にリッチプレゼンスを追加
  • ロシャンの「VS」画像に欠けていた光彩を修正
  • シーズン情報UIの質と見た目を改善
  • 連勝/連敗パーティクルが時々表示されない問題を修正
  • 多くのパーティクル効果の最適化を実施
  • カスタムボード「サンブリーズへの道」の飾りとその他のビジュアルを調整
  • サンダーハイドの能力ツールチップにオーガマギの名前が入っていた問題を修正
  • タイニーに2つのユニットを連続でトスされたユニットが1度しかダメージを受けない問題を修正
  • 黒魔術アライアンスがリンクするヘルスの低いユニットを正しく選択しない問題を修正
  • 非常手段が召喚ユニットに適用されない問題を修正
  • マップ読み込み中にプレイヤーの操作を許可しない
  • ユニットは能力の対象に召喚ユニットよりもヒーローを狙うが、ヒーローに使用できない場合、召喚ユニットを狙う


ヒーロー関連の変更
アークウォーデン:
  • 攻撃速度を[0.59, 0.67, 0.77]から[1.0, 1.0, 1.0]に変更
  • 最大マナを100から0に変更
  • 最大ヘルスを[600, 1100, 2650]から[700, 1400, 2800]に変更
  • ゴールドコストを3から4に変更
  • ドラフトティアーを3から4に変更
  • 電磁波分身:
    • クールダウンを60から0に変更
    • マナコストを100から0に変更
    • 新しい説明:アークウォーデンは自身の現在のヘルスと同じ複製を作り出す。 複製はアークウォーデンの現在のアイテムをすべて使用でき、同じ敵への攻撃を試みる。 複製が死ぬと、アークウォーデンは新たな複製を作り出す。
クロックワーク:
  • 防御力を[5, 7, 10]から[10, 13, 15]に変更
  • 最大ヘルスを[800, 1600, 3200]から[950, 1800, 3500]に変更
メドゥーサ:
  • 攻撃の最小ダメージを[50, 100, 200]から[75, 150, 300]に変更
  • 攻撃の最大ダメージを[60, 120, 240]から[80, 160, 320]に変更
ティンカー:
  • 攻撃速度を0.67から0.77に変更
  • 防御力を10から5に変更
  • 攻撃の最小ダメージを[50, 100, 225]から[60, 120, 270]に変更
  • 攻撃の最大ダメージを[60, 120, 275]から[72, 144, 330]に変更
トレントプロテクター:
  • リーチシード:
    • 発射体の速度を600から800に変更
    • リーチのダメージと回復を[80, 110, 150]から[100, 150, 200]に変更
ライカン:
  • アライアンスを人間・戦士・野性から人間・ハンター・野性に変更
  • ライカンの狼はハンター・野性
ジャガーノート:
  • ジャガーノートの攻撃速度を0.91から[0.91, 1.0, 1.25]に変更
  • ジャガーノートの最小ダメージを[65, 130, 260]から[65, 140, 280]に変更
  • ジャガーノートの最大ダメージを[70, 140, 280]から[70, 150, 300]に変更


アイテム変更
創造の泉:
  • エイドロンのヘルスを[300, 400, 500]から300に変更
  • エイドロンの最大ダメージを[70, 80, 90]から[60, 70, 80]に変更


アライアンス変更
原始:
  • レベル1:原始ユニットを攻撃する敵は25%の確率で、攻撃1度につき攻撃速度が40減速する。 この効果は攻撃開始時に適用され、攻撃の間持続する。
  • レベル2:味方ユニットを攻撃する敵は25%の確率で、攻撃1度につき攻撃速度が40減速する。 この効果は攻撃開始時に適用され、攻撃の間持続する。